So-net無料ブログ作成
検索選択

エックスサーバー

エックスサーバーは、安くて良いのですが、

操作が分かりやすいのが本当に助かります。

安いだけならxreaは本当に安いのですが、何と言っても分かりにくい。

その上、サポートがないも同然なので、不安です。

マルチドメインで安いサーバーを探しているなら、エックスサーバー
は、おすすめです。


nice!(0) 

ガソリン代高騰への対抗策 [節約術]

ガソリンが高いですね。

ちょっと前など、リッター100円程度の時代も確かあったような気がします。

今なんか、満タンにすると、1万円札が飛んでいってしまいます。


さすがにキツくなってきたので、少しでも安く抑える方法はないものかと

調べてみました。


各ガソリン元売りの会社が出しているカードに入会して、会員価格で入れれば、

少し安くなります。


大手三社を比較してみました。


1.コスモ・ザ・カード・オーパス



入会時、最大50リッターまで、10円/リッター値引きされます。


2.出光カードまいどプラス



入会後1ヶ月間は、5円/リッター値引き、それ以降は2円/リッター値引きされます。


3.ENEOSカード




2円/リッター値引きされます。また、入会時にガソリンを入れると、1000円がキャッシュバックされます。



この三社を比較すると、どうみてもENEOSがトクです。
(ガソリン代の値引き以外にも特典がついていますが、ここではガソリン代だけで比較しています)


ただし、ENEOSが近くにないと、わざわざガソリンを入れにいかなければならず、

そのうち行かなくなってしまいがちですから、

近くのガソリンスタンドがどの会社なのかで、決めたほうがよいと思います。
(ちなみに私もENEOSがなく、コスモにしています)



金額にしてみたらそれほど大きくはなくても、こういった努力しなくてもよい節約を

面倒くさがらずにやることが、「賢い消費者」だと思います。




タグ:節約
nice!(0) 

養老保険 [生命保険]

養老保険は、死亡保障と貯蓄性がミックスされた保険です。

定期保険と同様に、満期があります。(例:60歳満期、30年満期etc)

満期がくるまでは、万が一の場合に死亡保険金がおり、

満期がきたら、満期保険金がおります。

例として、特約もなにもついていない保険金の額が1000万円の
単体の養老保険の場合でいえば、

万が一の場合も1000万円、満期がきたら1000万円おりるということです。


しかし、満期の場合は1000万円、万が一の場合はその3倍の3000万円といった

死亡保険金と満期保険金が一致しない養老保険もあります。

これは、1000万円の単体の養老保険に2000万円の定期保険特約が

のっかった『定期保険特約つき養老保険』です。

万が一の場合、3倍おりるから良いかというと、そうともいいきれません。

というのは、定期保険特約2000万円部分の保険料(掛け金)は、

掛け捨てであり、満期に受け取れるお金が、満期まで払った掛け金総額を

大きく下回ってしまうからです。


従って、貯蓄性を何より優先して養老保険に加入しようと思う人は、

一切の特約をはずして、単体の養老保険に加入すべきです。


養老保険の加入を検討する場合、もうひとつ注意すべきことがあります。

養老保険は確かに死亡保障と貯蓄の2つの機能を持った金融商品ですが、

もし、死亡保障と貯蓄両方のニーズを満たしたい場合、果たして養老保険が

一番有利とは言いがたいからです。


例えば、60歳満期の1000万円の養老保険に加入(方法A)すると、

万が一あっても1000万円、60歳になったら1000万円おりるわけですが、

1000万円の定期保険(掛け捨て)への加入と60歳まで銀行証券会社での積み立て(方法B)を

しても、同じ効果が得られるわけです。


月々の負担額は、方法Aと方法B、どちらが有利でしょうか?

現在のような低金利時代には、保険は不利です。

というのは、保険は加入時の金利で運用されるので、仮に将来的に高金利時代を迎えても、

その恩恵にはあずかれないからです。


養老保険を検討する場合、保障と貯蓄の一挙両得と単純に考えないで、

他の手段とよく比較検討しましょう。


nice!(0) 

定期保険 [生命保険]

定期保険は、いわゆる「掛け捨て」の保険です。

保障の期間が定まった保険ということで、「定期」という名前がついています。


この保険の特徴は、安い保険料で、高い保障を買うことができることです。

定期保険を検討する際、最も注意しなければならないのは、

保険の期間です。

10年の定期保険と30年の定期保険では、

同じ保障額でも、月々の保険料は全く違います。

もちろん、10年もののほうが圧倒的に安いわけですが、

ここからが要注意です。


10年ものは安いからというのは、一般的に保険のセールスなら

誰でも知っているわけで、

保険料を安く見せかけるために、定期保険の保障期間を短く

設定したがります。

10年経過したときには、保険は消滅しますが、もう10年延長することもできます。

しかし、恐ろしいことに

延長した場合の保険料は、数倍に跳ね上がります。


こんなことなら、少々高くても、

30年ものの定期保険にしておけばよかった

といっても、後の祭りです。


定期保険を検討する際(終身保険に特約としてついている

定期保険特約も同じことです)には、


必ず保険期間を確認しましょう。





タグ:保険
nice!(2) 

終身保険 [生命保険]

まず、生命保険の種類のひとつ、終身保険について、

簡単に紹介してみます。


終身保険は、その名のとおり、保障が一生涯続く保険です。

ときどき勘違いしている人がいますが、

保険料(掛け金)も一生涯払わなければならないかというと、

そうとは限りません。

保障は一生涯でも、保険料は65歳までといった設定が

可能です。

ただ、保険料の払込期間を短くすればするほど、

毎月の保険料は高くなります。

例えば、1000万円の終身保険に加入しようとして、

保険料の払い方を

終身払いにすれば、8000円、

70歳満了にすれば、10000円、

65歳満了にすれば、12000円

60歳満了にすれば、14000円

といった具合です(数字は適当です)。


まあ、これはある意味当然で、例えば1000万円の終身保険に

加入するのに、総額500万円の保険料が必要なのであれば、

支払い期間が長くなればなるほど、

月々の保険料は低くなりますよね。



終身保険の特徴のひとつは、貯蓄性があるということです。

30年くらいかけ続ければ、払った保険料くらいは

解約払戻金が貯まっています。


ただ、注意しなければならないのは、

確かに貯蓄性はありますが、そのお金は解約してはじめて

受け取れるお金だということです。


解約をすれば、その瞬間一生涯の保障はなくなります。

一生涯の保障が欲しくて終身保険に加入したのなら、

終身保険に貯蓄性を求めないことです。


保険商品でもその点を改善された商品が販売されていて、

低解約払戻金タイプの終身保険などはまさに、

貯蓄性を抑えて、その分保険料を安く設定しています。

東京海上日動あんしん生命などが扱っています。

生命保険の種類 [生命保険]

生命保険の種類って、いろいろあって分かりづらいという人は

多いですよね。

実は大きく分けると3種類しかないって言うと、

びっくりする人もいるのでは!?

3種類とは、終身保険、養老保険、定期保険です。

これに、個人年金保険、医療保険を加えて、5種類という人もいます。


「ロングラン」とか「堂々人生」っていうのは、

保険会社がつけたペットネームです。


でも、この名前が前面に出るから、

混乱しちゃうんですよね。


本当に、日本生命だろうが、かんぽ生命だろうが、

個人で入る保険も、法人で入る保険も


ぜ~んぶ、さっきの3種類(5種類)に集約されてしまうんですよ。


ただし、消費者にとって紛らわしいのは、

終身保険や定期保険が、単品で売られることはすくなく、

保険の営業マンが、それらを組み合わせて(セットにして)売っているから、

よくわからなくなっちゃうんです。


おまけに、消費者の悪評が高いのが「特約」

これのせいで、ただでさえよくわからないのが、

さらにわかりにくくなってしまうということで、

あまり評判はよくないですね。



保険は、あまり詳しくなくて自信がないという方は、

保険マンモスに相談されると、親切に教えてもらえます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。